カーオーディオ    カーオーディオの歴史

会社概要 オーナー紹介   取扱商品 ケミカル商品 オリジナル商品 基本工賃 ブログ 
 
▷ 新着情報 カーオーディオQ&A 基礎知識 デモカー情報 お客様の取付例 RECARO

カーオーディオの歴史

カーオーディオから流れる音楽はドライブのお供として欠かせない方も多くいらっしゃるのではないのでしょうか。現在では当たり前のように使用されているカーオーディオですが、その歴史は古く1930年代まで溯ります。こちらではカーオーディオの歴史についてご紹介しております。

始まりはラジオ

カーオーディオは1930年頃のアメリカでガルビン・コーポレーションがカーラジオを製作したことから始まりました。当時のラジオはAMラジオしか受信できず、自分の好きなラジオ局を選ぶだけのものだったのです。現在のカーオーディオのほとんどがラジオ機能を標準装備としていますが、初期の頃はオプションや上級車種のみ搭載していました。

好きな音楽が聴けるように

1960年代に磁気テープを使用した4トラックカートリッジや8トラックカートリッジといったカーオーディオが登場しました。この2つはカセットテープに似た仕組みを持っていますが、プログラムの切り替えは手動のみでした。しかし当時からすると自分の好きな音楽が聴けることは非常に画期的だったのです。

時代によって変化

時代によってカーオーディオの楽しみ方も変化してきました。1980年代頃にはカセットテープやCDが登場し、家庭にオーディオ機器がなくてもカーオーディオで音楽が楽しめるようになりました。2000年代になるとMDやカーナビなどが普及し、近年ではHDDやSDカード機能も搭載されたカーオーディオが登場しています。時代の変化に合わせてカーオーディオも様々な変化を遂げています。

大阪府池田市にありますオートフレンズではカーオーディオの専門店となっております。ドアチューニングだけではなくレカロシートの販売・取り付けも行っています。オリジナルのドア防振&制振材を使用した音作りはスピーカーの音が良く聞こえるのでおすすめです。当店ではお客様のためにお電話でのデッドニングなどの費用はお伝えしておりません。直接ご来店いただき実際にデモカーの音やお話しをお伺いしてから費用をお伝えしています。カーオーディオに関することがあれば大阪府池田市にある当店へお越しください。

--------------------- Copyright (c) カーオーディオ・RECAROシート専門店のAUTO FRIENDS All rights reserved ---------------------